ばいちんま〜ん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 穴あきズボンにこぎんで補修。

<<   作成日時 : 2015/10/05 09:19   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
先シーズンの終わりに穴の開いた息子服に
今頃こぎんを刺しています。


息子の穴あきズボンの定番補修方法。

まず、100均で買った補修布を裏に貼り付けます。
ズボンの織り糸(ってかボロボロでもはや繊維…)を、
縦横になるべく(出来る範囲で)キレイに整えてからがよろしいかと。

次に表側に抜きキャンバスを縫い付けます。
仮止めなので、簡単に。適当に。ズレない程度に。
もちろん多少の余裕を持ったサイズで。

抜きキャンバスはクロスステッチ専用じゃない布でも
簡単にキレイにクロスステッチが出来る便利グッズです。
でも「網戸の網」を使えばもっと安いのだ、と教わりました。

さて、こぎんを刺します。
向いてる図柄はなるべくミッチリとしたやつ。
あんまりスカスカな図案だと、穴が開いてボロボロになってるところを隠せないです。

穴の開いたところにワンポイントで刺してもいいのですが、
私はいつも左右も上下も、たーっぷり刺しています。
その理由は、ほっとけば近い将来、
そのあたりにまた穴が開くことが分かってるから。

つまり穴が開いちゃったところを隠すと同時に、
まだ開いていない(=これから開く)部分の補強もするわけです。

普通の刺繍糸6本どりで刺してます。
色は、息子の好みに合わせてます。
でも、私は生地と同系色でなじませちゃうのが好き!

ちなみにこぎん補修加工済みのズボンが何本もありまして、
すでに何シーズンかはいていますが、
一度もこぎんについて指摘されたことがありません。
(息子もないそうです)

新品をはいて3日めには穴を開けるような、
活動量の多い小学生男子(ダンスィともいう)の足元なんか誰も目に留めないようです。

・・・心おきなく、こぎん刺しまくってやれ!(笑)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
☆いつも応援ありがとうございます☆ どちらもにほんブログ村のランキングへとリンクしています。 リンク先に画面が変わったら本日の一票を入れていただいたことになります。 そのままあちこちネットの海へ泳ぎだすもよし、またこちらへ戻ってきていただくもよし…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。
こぎん刺しで補強されたズボン、カッコイイですね。
もしかしたら息子さんがモテていらっしゃるのは
このあたりではないかと密かに思ってしまったのですけど、
気付かれている様子はないんですね。
楽しみながら補強ができる「こぎん刺し」
素敵ですね♪
さかみち
2015/10/05 16:29
*さかみちさん
いやいや。こぎんではモテませんよ〜。(笑)
でもズボンに刺すのは正直ツライです。生地が固いので。もう一本の補修も終わったら、今度は専用布で優雅に刺したいです。(^^;
もいお
2015/10/05 19:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
穴あきズボンにこぎんで補修。 ばいちんま〜ん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる