ばいちんま〜ん。

アクセスカウンタ

zoom RSS マッチ売りの少女。

<<   作成日時 : 2011/08/05 09:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

夕食の席で、息子に突然聞かれました。

うりうりってなに?
「ウリウリ?」
ほらほら!あれだよあれ!おんどくの・・・
「あぁ!瓜売りね!」

息子の宿題の音読のテキストに載っていた瓜売りの早口言葉。

『瓜売りが瓜売りに来て瓜売り帰る瓜売りの声』というものですが、
一年生のテキストなので当然すべて平仮名。

『うりうりがうりうりにきてうりうりかえるうりうりのこえ』なんて、
大人だってワケ分かんないって!(笑)

その宿題が出た当時、分節で線を引いてあげて
それぞれの意味も教えてあげたんですけどね。

「瓜売り」は結局、息子の中になじまなかったようです。
それもそのはず。瓜なんて見たことないもんな〜。

で、もう一度同じ説明をしました。

「スイカとかメロンみたいなもので『ウリ』ってのがあるんだよ。
 そのウリを売る人のことを『瓜売り』って言うんだよ。」
へー。そうかー
「スイカならスイカ売りだよ。」
あぁ!メロンは?
「メロンはメロン売りだね。バナナはバナナ売りだし、薬は薬売り。」
トマトは?
「・・・トマト売り。」
カボチャは?
「・・・・・カボチャ売りッ。あと油を売るのは油売りッ!」

いつものことですが、この時も夕食の途中です。
食事に飽きてくるとお喋りが絶好調になってくるタイプの息子。
私の方はだんだんイラッとしてきます。

でも一年生の息子に、嫌味は通じませんでした。
理解して笑ってくれる人(ダンナ)もまだ帰宅してなかったので、
私の嫌味はキレイさっぱりスルーされていきました。

・・・残念。

さて、嫌味は通じなかったものの
私は他にも既存の「○○売り」という言葉を思い出して嬉しくなってしまいました。

「あーあと、マッチを売るのがマッチ売り!」
マッチ?あぁ!ローソクかぁ
「違う!マッチだって!花火の時、シュッてやってローソクに火をつけるやつ」
あぁ!あれね!
「そうそう。マッチ売りの少女とかあるでしょ〜?」
・・・・・
「・・・あれ?マッチ売りの少女、知らない?」
マッチ売りのそうぞう、しらない。どんなの?

しまった!食事中にお話なんかしたら余計に食べなくなるぅ〜。

「そういうお話があるんだよ」
どーゆーの?ねぇ、どーゆーの?
「食べ終わったら話してあげるね」
うん。わかった!

(息子なりに)急いで食べ終わると、すぐにお話の催促。

ねぇねぇ。そうぞう、どーゆーの?
「は?」

この時、すでにマッチ売りのことを忘れていた私。
「そうぞう」と言われてもなんのことやら。

ほらほら。あれあれ。
 さっきおかーさんが言ってたでしょ?
 おーはーなーし。
 マッチ売りの、おーはーなーし。

「あー!あれか!」

こうして、忘れていたお話を一生懸命(苦しんで)思い出しながら聞かせました。
そして最後に少女が死んでしまった場面を話して終わると、
怯えたような顔をした息子は一言。

はぁ〜こわいお話だったね〜・・・。

息子にはハッピーエンドな話や他愛もない話を与えることが多かったので
主人公が死んで終わるなんていうお話はちょっと衝撃的だったのかも。

でも、ヨーロッパのお話なんて怖い話だらけなのよぉ〜。
てゆーか、日本のお話だってけっこうコワイのよぉ〜。

古今東西、昔のお話はけっこうコワイんだなぁ・・・ということを思い出しました。

そろそろ息子にもそういうお話も聞かせてあげようかな。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村








マッチ売りの少女?アンデルセン童話集 3 (新潮文庫)
新潮社
アンデルセン

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マッチ売りの少女?アンデルセン童話集 3 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
☆いつも応援ありがとうございます☆ どちらもにほんブログ村のランキングへとリンクしています。 リンク先に画面が変わったら本日の一票を入れていただいたことになります。 そのままあちこちネットの海へ泳ぎだすもよし、またこちらへ戻ってきていただくもよし…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
昔話って残酷なのが主流かもね。
警告だったり訓戒だったりが目的なんだろうから。

うりうり(笑)
お嬢もやったなぁ。
3年生の教科書には落語の『じゅげむ』もあるよ。
たまに言われる。
「お母さん、じゅげむ全部言ってみて〜(* ̄ー ̄)」



↓タティング王子のモチーフいただきたいわ(笑)
自転車で5分のTSUTAYAに、タリーズカフェが併設されて。
以前もいおさんが紹介してたタティング本(ダンシングスミレの)を見つけたので、結いカフェしちゃおかと目論んでます(笑)

お嬢が学校行ったらだな。
ゆうこ
2011/08/05 14:04
もいおさんに座布団一枚!『油売り』な息子くんですね〜(笑)
童話って実は怖いっていうの多いですね。
私は「日本昔話」が大好きでした。市原悦子さんの声が素敵でしたwあれもちょっとホラーですよね。
テレビで再放送しないかしら。
バル
2011/08/05 18:20
*ゆうこさん
じゅげむか〜。教育テレビで見てたので私も息子もなんとなくは覚えてるんですが、キチンと正確に言えたことはないんですよね〜。(^^;
タティング王子の結い散らかし?(笑)
結カフェいいなぁ。私も夏休み終わったらやろう!(←一人だけど)

*バルさん
ホントに年がら年中、油売ってる息子なんです。せっかくなら小遣い稼いで来い!って。(笑)
私は実はほとんど日本昔ばかし見てないんですよ〜。その時間はたぶん親がニュースを見てたような…。(^^;
もいお
2011/08/07 21:18
もいおさん、日本昔ばなし機会があったら見てみてください!
絵も素敵だし、話もいろいろあって面白いですよ!!
家は親も一緒になって家族全員で見てました(^-^)
バル
2011/08/09 12:03
*バルさん
うわわわわ…。なぜかコメントに気づかずスミマセンでした〜。
DVDとかでも見れるのかな?レンタル屋さんにさがしに行ってみようかしら〜?
もいお
2011/09/01 19:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
マッチ売りの少女。 ばいちんま〜ん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる