周波数の合わないラジオ。

最近、息子が「本の虫」です。

基本、読書はいいことのはずですが、
すべてに影響を及ぼすほどの読書は推奨しません。

私もダンナも活字中毒です。
もちろん子供の頃、本に夢中になって
「早く片付けなさい!ごはんですよ!」と怒られたことは数知れず。
ですから、その気持ちは分かるのです。

しかし、宿題や家庭学習そっちのけで読書、くらいならともかく。
ごはんそっちのけ、お風呂・歯ブラシそっちのけ、睡眠そっちのけ。
・・・となってくると話は変わる。

毎日のように「ぎゃあぎゃあ」言い続けましたが、馬の耳に念仏。
いや、念仏ほどありがたいコトは私も言ってませんケド。

中猿(=息子)の耳に・・・なんだろ。

クラシック?
いや、そんな美しいことは言ってない。

ロック?
いや、そこまで頑張ってもないか。

AKB?
いやー、そんなはじけてないし。

民謡?
むむ。そんないい声じゃないしなー。

演歌?
そこまでストーリー性あったら、むしろ聞いてくれるんだろうか?

うーん。
考えに考えた末、出た結論。
周波数の合わないラジオ。

ウム。きっとこれに違いない。
だからうるさがられ、かつ無視されるのだろう。
周波数を合わせる努力をするべきなのか。

でもね。
読書に夢中になってる時に、たとえ周波数が合っていようとも
ラジオなんか耳に入らないよね、フツー。

てぇことは、ナニかい!?
アタシのやってることは無駄ってぇコトかい!?


href="http://baby.blogmura.com/schoolchild_teigaku/" target="_blank">にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

さかみち
2013年09月20日 10:13
周波数の合わないラジオとは、上手い例えですね。
そうかもしれませんね。
好きなことに夢中になっている時には、何かが聞こえきても気にならないものですよね(笑)
ゆき
2013年09月21日 20:49
上手い!座布団1枚^m^
本の好きな子、いいじゃないですか~
うちは上が全然本読まなくってトホホ
下ほそこそこ読んでくれるんだけどマンが多しでこれまたトホホ
うらやましいです
でもまぁ、母の気持ちもわかります
もいお
2013年09月27日 17:36
*さかみちさん
さきほども話しかけたことすべてを上の空の「んー」で返されました。見に覚えがあるとはいえ…。それでよしとするわけにもいかず。。。(^^ゞ

*ゆきさん
今はまだ親が本を買い与える状態なので、実は今のうちにこっそり情報操作(?)しておこうかと思ったりも…。
将来は歴史について親子で語り合えるように、着々と布石を打ったり。(笑)
先日は数人分の伝記がまとめて載っている本を読んで、「秀吉かっこいー」と言ってました。(^^;
2013年10月08日 13:49
こんにちは♪
読書好きの息子さん、うらやましいです(*^▽^*)
うちも、学習漫画とかなら好きですけど・・・(^▽^;)
でも、何かに夢中になるとほかの事そっちのけになっちゃうのは一緒ですね。
うちも宿題など(上も下も)なかなかやらないので一日中ガミガミガミガミ言ってますが、
同じく子どもたちの耳には届かないようで(-。-;)
でも、やっていかないわけにもねぇ・・・
どうしたらいいんでしょうね(^▽^;)
もいお
2013年10月16日 09:03
*a-hayaさん
ホント、悩みのタネですよね~。
あんまりガミガミ言いたくないけど、でも…って。(^^;
なんとかならないかなぁぁぁぁぁ。